ご安全に

(小学校の感想文より)

ぼくは、二年の時、友達と自転車で、じゅくから帰ってくるとちゅう、トラックに足をふまれてしまいました。おほりの近くの道路でトラックが来たから、よけようとした時、ころんで足を道路にだしてしまったのです。

いたみは感じなかったのに、なぜか泣いてしまい、トラックのおじさんたちが「けがはなかったかい」と心配してくれました。それでも、ぼくが泣いてるもんだから、病院に行って、レントゲンで見てもらいました。全然いじょうはなかったそうです。

その時、ぼくはほっとして、これからは自分で安全を守ろうと、決心しました。ただ、三年になってしまうと、安全を守ろうなんていう決心は、とっくに忘れてしまいました。

三年の五月になって、お父さんと兄弟と友達で郡山ダムまでサイクリングに行きました。行くときは、よかったんだけど、帰りの時、坂で足をすべらして、自転車のスポークの中につま先をはめてしまいました。その勢いで、自転車が、一回転してしまいました。

たまたま車が通って、中の農家の人が「どうしたんだい」と、話しかけてくれました。ぼくは、足の方のいたさで、話すこともできませんでした。それから、農家の人が、心配して、家までつれていってくれました。

家に帰ると、安心して、泣いてしまいました。それから、病院に行ってレントゲンをとって見ると、お医者さんがだいじょうぶといっていました。とってもよかったです。

また、ぼくは、自分で安全を守ろうと、心に決めました。

-

サイト構成

ある方いわく、いたみとは人の根源だそうで。小学校の感想文ではないですが、私がいつも気にしてるテーマです。

  • たいくつ
  • さびしさ
  • 肉体のいたみ
  • 健康喪失のおそれ
  • 金銭ストレス
  • むなしさ

このサイトでは個人的な課題解決をPROBLEM-SOLUTIONという2つのセクションで構成しています。PROBLEMは上記テーマのどれかが当てはまります。SOLUTIONはその時たまたま私がとった手法になります。基本職業に近いものが選ばれますが、そうでない場合もあります。